company

お問い
合わせ

アク
セス

ニュース

2020年7月ニュース

2021-03-15 21:19:18浏览: 325人 分享

※河南省新型コロナウイルスによる肺炎の最新状況※

 

2020年7月21日0時から24時にかけて、河南省に新型コロナウイルスによる肺炎の新たな感染者、感染の疑いのある人と無症状感染者はない。

7月21日24時まで、全省各地から報告を受けた新型コロナウイルスによる肺炎の感染者は累計1273人、死者数は22人、治癒退院した患者は1251人。河南省に国外から輸入症例3人は全部治癒退院した。

それで、7月21日24時現在、全省各地に感染者、感染の疑いのある人、無症状感染者・医学的観察を受けている無症状感染者は全部0で,連続146日新増感染者がない

(出所:河南省衛生健康委員会)

 

※新型ウイルス後・経済恢復と現状・鄭州※

 

 中国国家統計局により、Q2に中国経済の成長率は3.2%に戻り、伝統サービス業が下回ったが、ソフトウェアと情報技術業、金融産業の成長が著しく、成長率別は14.5%と6.6%である。

 オンラインとオフラインの融合と企業数字化の変更はこれからの傾向です、企業は効率を上げらなければなりません、企業へのサービスを提供する業務は春を迎えました。医療健康、エンターテイメント、教育などの業界は元々の天井を突破できる可能性があり、新産業を伸びるチャンスも迎えてきました。それ以外にいろいろな業界は業務*提携を統合するチャンスが出てきる。

 

 今年上半期には河南省工業生産総値はマイナスからプラスとなり、全省に規模工業の成長率は0.6%。上半期に全省輸出入総額が2280.4億元で、去年同期より7.7%と成長した。全国平均成長率により、10.9%と上回した。成長率は全国の6位となった。全省輸出入実績のある企業は7585社で、去年より561社に増加した。

 

※中国【新基建・新インフラ】※

 

情報のインフラストラクチャである。主には新世代の情報技術に基づき形成したインフラである。例えば:5G、IOT、産業用インターネット、衛星インターネットを代表としての通信ネットワークインフラである。AI、クラウドコンピューテイング、ブラックチエーンを代表としての新インフラである。データセンター、スマート計算センターを体表としての計算力インフラである。

 融合的なインフラストラクチャである。主にはインタネット、ビッグデータ、AIなどの技術を利用し、伝統的なインフラストラクチャをモデルチェンジ・アップグレードさせ、融合的なインフラストラクチャになる。例えば、インテリジエント交通インフラストラクチャや、スマートエネルギーインフラストラクチャなどである

 

※河南三全食品とセブンイレブン提携して河南省市場開拓※
2019年年末、中国冷凍食品大手会社河南三全食品が日本の大手コンビニブランセブンイレブンと正式的業務提携と発表した、三全食品の子会社はセブイレブンの河南省特定経営と取得した。

柒拾壹(中国)投有限公司の社長長内田慎さんは鄭州市はすごく潜在力のある古都で、セブイレブンが鄭州市の市場発展を期待していると発言した。三全食品は中国のトップ冷凍食品メーカとして、サプライチェーン、製品研究開発、食品製造と食品安全管理などに関して、自社メリトがあり、両社の業務提携は大きな発展を期待できる。

 

※新型コロナウイルス感染症に関しての八六三ソフト宣言※

 新型コロナウィルス感染症で各企業が深い影響を受けている中、八六三ソフトは何よりも命と健康を守ることを最優先し、対策を立て躊躇なく実行する方針のもと、「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策」が取りまとめました。感染を防止するとともに、事業活動の縮小や事態の変化に即応した緊急措置等など諸課題に適切に対処している。

 八六三ソフトは対日チーム600+名の中、約100名が空稼働の影響を受けています。中国国内企業への需要対応で、フロントエンド開発やDX技術は一層能力をアップさせ、サービスソリューション経験を身に付けった。
それとともに、日本語能力向上への強化対策を実施しており、お客様への事業支援やより良いサポートを提供することを備えた。