company

お問い
合わせ

アク
セス

ニュース

2018第一期 “5G汎用”サミットは中国・許昌で開催

2018-11-23 22:28:55浏览: 805人 分享




开幕式现场
2018年11月15日に、第一期中国・許昌“5G汎用”サミットは許昌市の許都大劇場で行われた。今回のサミットは、北京郵電大学、許昌市政府に主催され、北京郵電大学インターネットとエクスチェンジテクノロジー国家重点実験室、許昌市城郷一体化示範区管理委員会、許昌聯通公司、河南省863軟件孵化器有限公司で引き受け、「5G汎用・知能製造・デジタル中国」をテーマとされた。
サミットは「5G汎用・知能製造・デジタル中国」という議題を中心に講演と検討した。このサミットでは5G時代が市民の生活に近づくことを示し、中国科学院・中国工程院院士陳俊亮氏、河南省生産力促進中心主任・河南省863軟件孵化器有限公司代表取締役常林朝氏、北京郵電大学インターネットとエクスチェンジテクノロジー国家重点実験室主任張平氏、河南省生産力促進中心ー副主任・河南八六三軟件股份有限公司代表取締役翟為唐氏を含め、5G技術研究開発の専門家12人が許昌に集まった。
許昌市市委書記胡五岳氏は開会式で、「現在、5G移動通信技術はすでに到来し、世界中の国々は未来を目指して、5Gに対する研究開発を追い求めている。今回のサミットは新世代の情報システムの発展に順応し、5G移動通信技術の研究・開発・応用新成果を展示して、多くの企業のために、クリエーティブな発展プラットフォームを建てて、5G産業を速めに千億元レベルの産業集積地にすることに役立つ」と挨拶した。胡書記は、「サミットの開催をきっかけに、5G産業発展をリーディングして、「5G汎用・タウン」に加速して建設され、5Gと新興業界の融合を加速させ、経済社会を高品質に発展できることを目指している」と述べた。
北京郵電大学党委会書記呉建偉氏は、「5G技術は、4G移動通信システムより百倍も多いトラフィック量、多数の端末との接続、10Gbpsを超えるような超高速通信、さらなる低遅延化を提供し、エコノミー社会のデジタル化に重要な基礎施設であり、オンラインから現場へ、消費から生産へ、プラットフォームからエコシステムへ、我が国を新たな段階に進めていく。今回のサミットは“5G汎用”と産業応用に対する革新と融合が注目され、技術産業の発展とタイミングにごく合致して、生活にも近づいている」と話した。
河南省生産力促進中心副主任・河南八六三軟件股份有限公司代表取締役翟為唐氏より、「5Gは第五代移動通信システムとして、ユーザーを中心に、高速、大容量、低遅延という特性を持て、全面的な情報システムを構築し、最終的には「情報をいつでも、どこでも、何でも収集できる」ような「万物ネットワーク」を実現できるよう」と発言した。
近年、許昌市は情報産業の発展を極めて重視し、「インタネットワーク経済強市」の建設を許昌市目標としてを明確した。なお、新生代情報システムおよびその応用を中心に、5つの千億元レベル産業集積地の一つとして、力を注いでいる。許昌市委員会は許昌市政府が昨年発表した『許昌市電子情報産業転型発展行動計画(2017―2020年)』により、5G移動通信技術を中心に産業規模を拡大し、性能を高め、3つの優勢産業の一つとすることを明らかにした。
情報によると、今回のサミットは「5G汎用」に注目し、国際化、専門化と産業化を強調して、国内と国際の大手企業、知名大学、院士、専門家とのコミュニケーション・コーペレーションプラットフォームを作ることに力を入れ、各業界と繋がって、「デジタル河南」の建設を推進し、新たな動力として発展させ、高品質的な経済発展を促進している。
2017年、許昌市は北京郵電大学と協議を達成し、インターネットとエクスチェンジテクノロジー国家重点実験室である北郵許昌基地を設立した。5G移動通信技術に対する研究開発のである北京郵電大学と、デジタル建設に力を注いでいる許昌市は産業、学習、研究を融合して、ウィン・ウィンを実現していく。
2018年3月に、北郵許昌基地は正式的に開幕し、創立された。北郵許昌基地は発展ビジョンを明確し、地元の産業形態の変革を促進するために、北京郵電大学と許昌基地との対応システムと、成果の応用システムが形成された。この制度により、許昌市はイノベーション主導型開発コンセプトを打ち出し、河南省、かつ全国的に影響力を与える。
今回のサミットは新世代の情報システムの発展に順応し、5G移動通信技術の新成果を展示して、多くの企業のために、クリエーティブな発展プラットフォームを建てて、5G産業を速めに千億元レベルの産業集積地にすることに役立つ。サミットの開催をきっかけに、5G産業発展をリーディングして、「5G汎用・タウン」に加速して建設され、5Gと新興業界の融合を加速させ、経済社会を高品質に発展できることを目指している。
今回の参加者は約150人。その中には国内の院士6人、工信部・通信行業協会のリーダーと専門家6人、北京郵電大学のリーダー11人、国内の大手企業代表者34人は参加した。