company

お問い
合わせ

アク
セス

ニュース

八六三ソフト主催により、2018河南省大学ビッグデータ専攻建設研究会が開かれました

2018-11-19 10:16:01浏览: 433人 分享

 

11月17日午前、鄭東新区智慧島ビッグデータ実験区管理委員会と河南省生産力促進センターの指導の下で、河南八六三軟件股份有限公司(以下「八六三ソフト」と略称)、鄭州中原英才科学技術有限会社などの共同主催により、2018河南省大学ビッグデータ専攻建設研究会が開かれました。

八六三ソフト董事長の翟為唐が式辞を述べました

この研究会には、鄭州大学、河南大学、中原工学院、鄭州工程技術学院、北京情報科学技術大学コンピュータ学院などの大学40校あまりが参加しました。また、北京ビッグデータ研究院博雅ビッグデータ学院、出版社などの120人あまりのビッグデータ専攻建設関連の大学の指導者、先生たちが智慧島に招かれ、一堂に会し、ビッグデータ専攻建設経験と進捗状態及びビッグデータ人材の育成、カリキュラム編成、実践教育建設、講師育成などの面における問題点と経験について、研究・議論しました。

 

八六三ソフト副総経理の楊亮が式辞を述べました

世界で影響力のあるソフトウェアサービスプロバイダーとして、京セラ、日立、NEC、松下、国内各大手銀行などの国内外知名度の高い企業と長期的かつ安定的な戦略的協力関係を結び、中国、日本、ヨーロッパ、北米などで事業を展開しております。鄭州ハイテク開発区に本社を置き、北京、上海、杭州、鄭州龍子湖、東京、京都、シリコンバレーなどに支店を構え、世界中のお客様に高品質なソフトウェアサービスを提供しております。

 

 

 

鄭州工程技術学院甘勇副院長が演説しました

八六三ソフトはビッグデータ、クラウドコンピューティング、AI、ブロックチェーン、5G通信などの領域におけるハイテクと人材を組み合わせ、政府、環境保護、行政、教育、金融、通信、コンベンションなどの幅広い分野でサービスを提供しております。

863ソフト人材センターが2002年に設立され、国家科学技術部が認定した大学生科学技術創業実習基地、鄭州市政府が認定した大学生就職実習基地であり、そして河南省唯一の規模化した国際ソフトウェア教育基地でもあります。設立以来、人材センターは、絶えずに河南省各大学と協力し、当社のソフトウェア開発事業のために、優秀な学生を選抜し、育成するという人材確保に取り組んでいると同時に、国内外の戦略パートナーにハイレベルの開発人材を輸出しております。今まで、既に大学60校以上と戦略パートナーの協力関係を結んでおり、積極的に産学協同政策の実施を推し進めています。また、既に20校あまりの大学と在学中のプロジェクト開発、講師のプロジェクト開発参加、研究成果の製品化などにおいて、協力を展開しています。

中原工学院ソフトウェア学院車院長が演説しました
 

今回の研究会を通じて、ビッグデータ学科を開設する大学は、カリキュラムの設定、講師の学力アップ、教育スタイルの革新、人材の育成などの面において、より明確に認識することができたと同時に、研究会の期間中、八六三ソフトを始める多くの機構、大学が共同で「河南省ビッグデータ人材育成連盟」を設立するように、呼びかけを行いました。これに対して、省内の多くの大学がよいと認め、賛同しました。